現金化を自分でする方法

自分でも現金化ができる?

クレジットカード現金化と聞くと、サービスのイメージが強く自分でできるというイメージはないかもしれません。ですが、現金化は、自分のクレジットカードのショッピング枠を使うことなので、自分でもやろうと思えばできます。ですが、それにはメリットとデメリットがあります。業者にやってもらう場合とどう違うのでしょうか?

まず、自分で現金化する場合のメリットにはどんなことがあるでしょうか?一番大きいメリットは、業者に払う手数料が入らないので、そのぶんより大きなお金が手元に入る可能性があるということです。例えば、ネットオークションやリサイクルショップなどで売ると、買値と近い金額で売れるものもあります。

そうしたものを自分で買って、そうしたところで売れば業者に払う手数料がかからず現金を手にすることができます。人によっては、現金化のサービスは便利だけど手数料が高いという人もいます。そういう人は、自分でやるのがいいかもしれません。では、デメリットにはどんなことがあるでしょうか?

まず、換金率が高い商品サービスには、クレジットカード会社も目をつけていることを知りましょう。クレジットカード会社からすれば、こうした現金化目的のために商品を売買することは禁止行為としています。なので、もし自分がその目的のために換金率が高い商品を買って、現金にしていることが知られたら、クレジットカードの利用停止になってしまう可能性があります。

なので、あくまでクレジットカード会社からすればグレーな行為ということを知っておきましょう。その上で、現金化をするかどうかは自分の判断になります。ただ、グレーな行為と知ってか知らずか実際に現金化をする人が増えているようです。業者が出る前は自分でやっていたという人もいるかもしれません。

それだけ、すぐに手元に現金が手に入るということを求めている人がいるということでしょう。それなら働けという人もいるでしょうが、働いていてもこのご時世いつどのような形でお金がかかるかわかりません。ありがちなのは結婚式やお葬式などで急にかかる費用ですよね。

そんな急な費用は払えないという人も多いのではないでしょうか。でも、払わないといけない、でも他の人からお金を借りるのは絶対に嫌だ、そんな人は現金化を利用したいと思うのかもしれません。なので、利用者が増えているといえますが、カード会社からすればグレーな行為ということは知っておきましょう。

他のデメリットとしては、換金率が高い商品を買って、高い換金率でやり取りをしてくれるお店に持っていかないといけません。これは、業者からすぐに現金が手に入ることに比べると、人によっては非常に手間がかかることでしょう。まず、どの商品が換金率が高いかを調べないといけません。

そして、その商品をどこが一番高く換金してくれるかのお店を探すところになれば、人によっては簡単にできる人もいれば、ネットが使えない人はそもそも面倒で無理なことに思えるかもしれません。そこが、自分でやるか業者に頼むかの分かれ道になりそうです。

そのため、今すぐ現金が欲しいという人にも向いていないかもしれません。そのやり取りが自分が欲しい現金が手に入るスピードにマッチしているならいいですが、明らかに遅くなって苦しくなるようなら向いていないかもしれません。また、商品を買い取る業者の相場も常に変動するので、その都度調べて相場が安くなったら他の業者を探すなどの手間もかかります。

そして、お店に行ったり物を郵送したりと手間もかかるので、こうした手間が苦じゃない人は向いているかもしれません。業者で現金化すると、その逆のメリットデメリットという感じになります。なので、必ずしもどちらがいいとは言えないようです。どちらかというとどちらが自分に合っているかで選ぶという形になります。

ただ、業者が増えている流れを見ると業者に頼んでいる人も増えているようです。自分でやり取りができる人は、どちらかというと最初から自分で商売をしている人が多いかもしれません。安く仕入れて高く売るという商売をしている人からすれば、それと似たような作業といえるでしょう。

業者を使いたくないという人や、業者に高い手数料を取られたくないという人は自分でやるという手段もあるでしょう。業者自体も、悪徳業者などがいるようなことはあまり聞きません。大抵、お金が絡むネット上で完結するサービスは、ネットショッピングにしろ出会い系にしろ、最初は詐欺が横行しました。

現金化もそうした流れがあるのかと思いきや、一部では稀に悪徳業者がいる可能性がありますが、大抵はちゃんと現金化してくれるところがほとんどのようです。業者としても、それだけの手数料をしかもリピーターがいれば定期的に収益になることを考えれば、詐欺を働こうとする人もいないのでしょうか。自分でやるのと業者に頼むのではこうした違いがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *